ごあいさつ

経営理念

満足度を常に意識した新築とリフォーム

お客様の満足度を常に意識した新築とリフォーム提案、そして新分野への挑戦を丸高はアピールします。

丸高は、時代と共に変化する住環境のニーズを常に把握し、「お住まいになるお客様」がより快適に生活できる企画商品を提供して参りました。

これまでも、自社商品はもとより、コストパフォーマンスに優れたクレバリーホームによる企画商品をご提案させて頂いております。

今も自社の新商品の開発を進めているところですが、目指ざすところは、「お客様が今何を一番望まれているか」をとことん追求し、商品として誕生させることであります。

何より地域特有の気候風土で培われてきたノウハウ実績は、必ずやお客様のお役にたてるものと確信しております。

丸高のリフォーム

リフォーム部門におきましても、地域密着型の展開を実践して参りましたが、何よりも迅速機敏なきめ細かい対応を最優先した仕事を心掛けております。

総合的なリフォームから営繕まで年間数百件の工事をさせて頂いております。

これまで慣れ親しんできた思い入れのある「お住まい」を手がけさせて頂く点で、新築とはまた異なった緊張が現場にはあります。お客様との対話を通じて、最高の満足度を実現できるよう心掛けて参ります。

新しいエリアへの挑戦

一方で丸高は、仙台圏でも多くの実績を持っております。もちろん厳しい経済環境下での展開ですが、新しいエリアへの進出は、技術、ノウハウ、人脈など、丸高が前進していく上で貴重な経験取り入れる場であり、これからの丸高の成長を大きく期待させるものであります。

中でも、建築の分野をベースに福祉介護事業への参入といった新しい分野へも積極的にチャレンジしております。近い将来お客様がもっともっと豊かな気持ちで生活できる環境を提供できるものと考えております。

丸高の今後

今後も皆様が必要とする商品やサービスの提供を通じて、「住まいづくり」「人生づくり」のお力になれるように最大限の貢献をして参ります。

株式会社丸高 代表取締役 高橋 剛

丸高のロゴマークは、青と赤を組み合わせたMの文字です。 青色は知性を、赤は情熱を表しています。 「できる限りの知恵と知識を持ってお客様の幸せのために情熱を燃やしたい」との会社の理念を表現しました。 そしてMはよく見ると右肩上がりになっております。
ロゴのデザインの作成当初は、このように平面的なMだったのですが、左側のカドを落としてみたところ立体感が出たのです。 赤と青で立体を強調しました。
このロゴどおり、知性と情熱を兼ね備え、社員ひとりひとりがお客様の幸せに貢献していける会社でありたいと思っています。

丸高マークの由来

丸高のトレードマークはクジラです。 クジラは、北極から南極まで海を渡るダイナミックさを持ちながらも、哺乳類でありわが子を大切に育てる(一定期間は母乳)という側面を持つ、非常に高等な動物です。 そのダイナミックさと繊細さにあやかる意味で、トレードマークをクジラにしています。